平成27年 初春を迎えて

 
 
 寒波の厳しい年末年始でしたが、皆さん良い初春を迎えられた事と思います。


 御蔭様で、今年でA&P田口道場は、中核道場の草加松原道場が12年目を迎え、

さらに竹ノ塚道場が9年目、

そしてスポーツクラブ/カルチャーセンター内での草加教室、

西新井教室、東あずま教室が8年目となりました。


 また比較的新しい東大宮道場が3年目に入り、首席師範である岡田六段のご尽力で、

昨年には伊奈町に伊奈道場も開設出来ました。

多くの会員の皆様に支えられて、今後も可能な限り合気道の素晴らしさを、

たくさんの方々に伝えていけたらと感じる昨今です。


 日々の合気道の稽古を通して、会員の皆様に何を得てもらうかは、

道場長の私にとっては結構重い命題でもありますが

入会されて来られる人たちの合気道への思いは千差万別であり、

一概に“これです!”と断定する事は難しいと感じます。

唯、最終的には、健全かつ丈夫な身体を作り上げ、それによって前向きな明るい気持ちで

日々過ごせる事が一番肝要であるとも思います。


 昨今の健康ブームもあってか、

巷ではあふれんばかりの種々な健康法が出ているようですが、

道場の青い畳の上で転がる(前受身、後受身等)、

すなわち“大地に自分自身の身体を委ねる”心地よさは、

他の運動体系には、なかなか見られない素晴らしさを持っていると感じます。


 特に私自身もそうですが、

団塊世代及びシニア世代には年齢・体力に合わせて稽古をしながら、

自然と体力向上、代謝機能アップにつながっていくと確信致します。


 今年も多くの会員の方々と、道場創設時の原点に立ち戻って、

明るく楽しい稽古に励んで行きたいと思っています。

平成27年 1月吉日

道場長 田口輝義

 
 

平成26年 新春を迎えて

 
 

 寒い日々が続いておりますが、皆様お元気で新年を迎えられたと思っております。

昨年の10月26日で本道場も10周年を迎え、演武会・祝賀会共に多くの方々に

ご参加頂き、心より感謝申し上げます。

 
 また、昨年12月の昇段・昇級審査では、弐段が3名、参段が4名合格され、

今後も多くの有段者が本道場から輩出されてくると期待をしております。

 
 5歳の子供さんから、75歳のシニア世代の方まで、幅広い年齢層の皆様が

元気に稽古をされております。

 
 私も含めた”団塊の世代”と称される、シニア世代の方々が近年、定年退職され

高齢化社会も本格的になってきたなどと言われておりますが、

”自分の健康は自分で守る”との原則に立てば、合気道の道場も心強い大きな

役割を背負っていると確信致しております。

 今年も楽しく稽古をして、会員の皆様方と元気で明るい、良い一年にしたいと

考えております。






                                                                  

                                 平成26年1月吉日

                                 道場長 田口輝義