平成29年 初春を迎えて

 
 

 皆様、明けましておめでとうございます。

 穏やかな陽気に恵まれ、良い御正月を迎えられたことと思っております。

  平成15年秋に草加市・松原団地の地に専用道場を開設して、早くも14年目に入ります。

また、竹ノ塚道場、東大宮道場、西新井教室、草加教室と多くの会員に恵まれ、今年も

”明るく・楽しく・元気良く!” をモットーに、合気道の素晴らしさを沢山の方々に伝えて

いきたいと思っております。

そして東大宮道場の首席師範である岡田悦男六段が、伊奈栄道場、蓮田教室と

更に合気道の輪を広げて頂き、素晴らしいことだと思っております。

 さて、世の中は超高齢化社会に入り、私も含めた団塊の世代の固まりが各々

60歳代後半に入ってきています。平均寿命80〜90歳といわれる中で皆、

色々と健康維持に腐心されているようです。

最近は新聞・雑誌・テレビ等で食品やら医療法やら、色んな健康法が紹介されたり、

話されたりしています。ですが、敢えてひとつだけ全てに共通する健康法を述べれば

 ”運動して、体を動かす!” に尽きると思われます。

 合気道は無理のない稽古体系になっており、その人の体力・年齢に沿って稽古出来る

大変な利点があります。是非ひとりでも多くの人々に合気道の素晴らしさを伝えて、そして

自分自身の更なる高み・深みを目指して

今年も会員の皆様と精進していきたいと思っております。

 

                                         平成29年1月吉日

                                          道場長 田口輝義